--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
1217
Thu
tb* 0
com*0

ワークショップを開催しました

去る11月7日、ワークショップ「電子工作でクリスマス飾りを作ろう会」を開催しました。

募集告知からわずか1週間で、予定していた定員を越えるお申し込みがあり、
急遽、定員枠を拡大しての開催となりました。

このワークショップは、ITやプログラムという言葉への敷居を下げよう、
ということで企画しました。
「クリスマス飾り」を作りながら、
電気のこと、プログラムのこと、愉しいと感じてもらえますように・・・
と、思いながら準備しました。

さて、今回の会場は、アニメイトラボさん。
カラフルなブロックキューブの並んだオフィスで、
参加者さんもリラックスしながらワークショップが始まりました。

20151107_01.jpg

電子工作をする、ということで、
初心者コースと、上級者コースに分かれて取り組みます。

初心者コースは、子ども参加もOK。
下は3歳から、上は小学4年生まで、5組の親子連れにご参加いただきました。
このコースでは、光センサーのついたクリスマスハウスを作ります。

上級コースは、Arduinoを使って、LEDライトと、音を制御するプログラムを作ります。

講師は、はこだて未来大学の木塚先生
柔らかな口調でわかりやすく説明していただき、
みんな、笑顔で作業開始。

20151107_02.jpg

オトナもコドモも、ガイドラインに沿って、ひとつひとつ真剣に作っていきます。

20151107_03.jpg

20151107_04.jpg

初心者コースは、折り紙やモビールを使って、
クリスマスハウスの飾り付けもしていきました。
子どもの豊かな創造力に、オトナたちはみんなビックリ。

20151107_05.jpg

途中で、回路の仕組みの講義も行いました。
直列回路・並列回路という説明に、
参加した小学生から「理科で習った!」という声も。

20151107_06.jpg

オトナたちも、抵抗の計算の仕方、回路の繋ぎ方など、
興味をもって聞いてくださったようです。

最後には、照明を暗くして、センサーが反応することを確認。
会場には上級者コースでプログラミングしたクリスマスソングが流れました。

20151107_07.jpg

参加いただいたみなさんからは、
「面白かった!」、「またやりたい」、「次はもっと難しいのを出来るようになりたい」
など、嬉しい声をちょうだいしました。

WiTでは、ITに関わる女性を増やしたい、と願って活動をしていますが、
そのためには、いろんな人にITに関心を持ってもらうことも大切。

電子工作がITか、と言われると、違うかもしれませんが、
でも、キッカケのひとつにはなるんじゃないかなと思います。

このワークショップで、少し「ITって愉しいかも?」と思ってもらえたんじゃないかな。
そんな風に思いながら会場を後にしました。

参加してくださったみなさん、応援してくださったみなさんに、
メリークリスマス♪


(記: 東京工業大学 森本千佳子)
スポンサーサイト
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。